【疑惑】松本清張米倉涼子ネタバレ!

松本清張の数々の作品で悪女を演じた米倉涼子さんが松本清張の作品「疑惑」で敏腕弁護士を演じます。原作は1982年映画疑惑で当時は桃井かおりさんと岩下志摩さんが鬼気迫る演技を見せ当時話題になりました。米倉涼子さんといえば松本清張の作品に出演している女優さんですが今回どんな演技を見せてくれるのか?ここでは松本清張疑惑原作のネタバレ、疑惑の見どころなど紹介します。

【疑惑】松本清張米倉涼子予告動画は?

【疑惑】松本清張米倉涼子キャストは?

 

佐原 卓子(米倉涼子)

民事専門の敏腕弁護士。

真実解明のためなら手段を選ばない。

ブラック企業を次々と勝訴に導いたことから【最低の弁護士】と揶揄されている

白河 球磨子(黒木華)

恐喝・傷害など前科4犯。福太郎の3億円の保険金受取人になっている。

【疑惑】松本清張米倉涼子あらすじは?

どんな手を使ってでも真実を追求し、その有能ぶりとは裏腹に「最低の弁護士」とも揶揄される佐原卓子(米倉)。

彼女のもとに弁護士・原山正雄(津川雅彦)から直々の依頼が舞い込んだ。

体調が思わしくないため、ある女性の弁護を引き継いでほしいというのだ。

その女性とは、疑惑に満ちた事件の渦中にいる白河球磨子(黒木)。

世間から「鬼クマ」と呼ばれ、好奇の目に晒されている悪女だった!

その事件は激しい雨の日、熱海港の岸壁で起こった。

球磨子は夫・白河福太郎(中村梅雀)と2人でドライブに出かけたのだが、車ごと海へ転落。

泳げない福太郎はそのまま車内で溺死し、脱出に成功した球磨子のみが生き延びたのだ。

球磨子は夫の運転ミスによる事故を主張したが、まもなく不審な点が散見し始める。

車内からスパナが発見された上に、球磨子が夫にDVを振るう動画がなぜかSNSで拡散。

周囲の人々からも日頃の悪行を糾弾する声が浮上し、前科四犯という過去を持つ球磨子にとっては、すこぶる分の悪い状況だった――。

それでも無実を主張し続ける球磨子。業を煮やした警察はついに、別件逮捕という強硬手段に!

だが、それで折れるタマではない球磨子は、留置場に入るや看守をたぶらかし、いきなり襲われたと話を捏造して騒ぎ立てる。

連絡を受けた卓子が駆けつけると、甘えるように感謝する球磨子。

だが、卓子が真正面から、福太郎を殺したのかと問いただした途端、貝のように口を閉ざしてしまい……。

まもなく、卓子の中でひとつの疑問が浮かび上がる。

そもそも球磨子は本当に世間で言われるような“悪女”なのだろうか――。

卓子は球磨子の本性と、事件の真相を解明するため、巧みな話術でゴシップ記者・秋谷茂一(板尾創路)らから情報を収集。

不透明な球磨子の生い立ちをひとつずつ紐解いていこうとする。

一方、何が何でも球磨子を有罪にしたい検事正・小田秀子(余貴美子)は、卓子を陥れようと画策し……!

【疑惑】松本清張米倉涼子見どころは?

疑惑では敏腕弁護士に「黒革の手帖」「けものみち」「わるいやつら」など松本清張ドラマで悪女を演じた米倉涼子が登場。

そんな米倉演じる佐原が黒木瞳演じる白河にキスされるというシーンが!!!

疑惑のキスシーンは佐原が球磨子に怒って店を出たところ、彼女にキスされるというシーンのようだ。

米倉涼子さんの唇を奪った黒木さん。注目シーンですね!

【疑惑】松本清張原作概要は?

1982年の映画。

夫に多額の保険金をかけ殺害したと疑惑をかけられた魔性の女球磨子。

彼女の弁護をするのは佐原律子。

映画疑惑では捉えどころのない魔性の女球磨子を桃井かおりさんが演じ、弁護士を岩下志摩さんが演じ、話題になりました。

【疑惑】松本清張原作ネタバレは?

海に転落

昭和56年夏の夜。

富山のある新港湾にて白河酒造の社長白河と妻球磨子の乗用車が海に転落

球磨子は自力で車から脱出して助かりますが夫は溺死。

引き上げられた車には夫の左足の靴と球磨子が脱出の時に使用したとされるスパナが落ちてました。

彼女は若くして夫福太郎の後妻となりましたが恐喝や暴行事件など複数前科を持つ女で、実は夫にも3億円の保険金をかけていたことからこの事件は彼女の保険金殺人事件と疑惑が持たれていました。

マスコミは彼女について北陸一の毒婦と取り上げ執拗に追いかけます。

新聞記者の秋谷は球磨子の元恋人であり恐喝事件の共犯者だった豊崎と連絡し彼女の本性に迫ります。

さらに事件当時、車が海に転落する瞬間を目撃していた青年藤原好郎の証言が決め手となり、彼女は夫殺害容疑で逮捕。

昭和56年9月に初公判が行われますが球磨子の弁護人原山は持病があり突然弁護を辞退。

そこで後任の弁護に民事事件を得意とする弁護士佐原律子(岩下志摩)が登場。

律子は球磨子がいる拘置所に行きますが初対面は最悪。

彼女は誰にも弁護を頼むつもりはないと言い放ちます。

そして律子は死刑になりたいならそうすればいいと余裕の表情で言い放ちます。

球磨子は律子に言われた通り、拘置所で六法全書を読みまくり、弁護を受けることになった律子は彼女の経歴について調べました。

球磨子の過去

彼女のこれまでは若くして福岡の中州でスナックで働き、当時バーテンだった豊崎に知り合う。

彼が喧嘩で逮捕されると球磨子は客の森口という割烹料理の跡取り息子と結婚。

裕福な生活で幸せかと思いきや出所した豊崎と共犯し森口から土地の権利書をだまし取り1億ものお金を手にします。

そして彼女と豊崎は銀座にクラブを開店。

しかし経営難で潰れさらに彼女は同僚のホステスを暴行した容疑で逮捕。

3年後刑を終えた彼女はまたホステスとして働き、そこで客としてきた白河福太郎と会うのでした。

裁判の再開

昭和57年球磨子の裁判が再開。

殺害目的で福太郎と結婚、多額の保険金で自ら彼を溺死させたと訴える検察に対し、彼女は運転したのは夫で夫の運転ミスによる事故だと主張。

そして5回目の公判では彼の遺体を鑑定した医師安西は助手席の荷物入れにできた凹みと膝の傷あとが一致したことから夫福太郎が助手席に座っていたと主張。

弁護士律子は海水が入った車内で普通は脱出しようと無我夢中で暴れることから傷がどこでできたか判断は難しいと安西を追い詰めます。

そして次の証人藤原は自分の車のヘッドライトから球磨子が運転席に座っているのを目撃したと証言します。

しかし律子は夜の埠頭においてヘッドライトだけで車の様子を判断するのは難しいと主張。

さらに次の証人に彼女のクラブの経営者堀内とき枝が登場。

とき枝は彼女と白河福太郎との出会いについて説明。

律子はとき枝が資産家の福太郎からお金を引き出すために従業員の彼女を近づけさせたのでは?といいますが、とき枝は否定。

福太郎にのぼせたのは彼女であるという。

そして彼女に財産を食いつぶされると懸念した白河一族は福太郎の財産を中学生の福太郎の一人息子宗治に受け継がせると決めます。

しかしそれを知った球磨子は財産を相続出来ないなら生命保険に入れと福太郎に迫ったのです。

 

結末

第13回公判。

証人豊崎は福太郎と結婚した彼女と会うために一度富山に行ったことがあると証言。

その時彼は球磨子はアメリカで起きた車の水没事故について聞かされ夫の殺害計画をほのめかしたという。

この証言で彼女は取り乱しわめき始め退廷と言い渡されてしまう。

その後事件当日と同じ条件で再現実験を行うが転落した車は水圧でフロントガラスが割れることが判明。

さらにスパナは脱出用具として使用されなかった可能性が出た。

律子は夫福太郎の左足の靴とスパナが何を意味するのか?考えます。

そしてある夜律子の家に訪れた豊崎は彼女が本当は殺害してないのでは?と思い始めたと告白。

さらに豊崎は警察から彼女に不利な証言をするように脅されてたと告白。

そこで律子は白河の息子宗治に証言台にたってくれないか?と頼みます。

そして律子は弁護人尋問の日、福太郎はブレーキペダルと床の間に左足の靴をスパナでかませる細工をし、実は自殺を試みたのでは?と主張。

さらに息子宗治は事件前日に父福太郎がきて手紙を渡されたといいます。

そこでは彼女と心中する決意が書かれていたことが判明。

息子宗治の証言により球磨子の無罪は確定しました。

夫福太郎が無理心中を起こさなかったとしたらどうしてたか?と球磨子にきくと、彼を殺してたかも?と呟きます。

律子は最後まで彼女の真意が掴めませんでしたがまた何かあったときは弁護を引き受けるといい去っていきました。