記憶中井貴一再放送は?見逃した場合の視聴方法!

今年の春、CSフジテレビNEXTとJ:COMで共同制作された連続ドラマ「記憶」が、フジテレビにて地上波初放送され大きな話題になりました。若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士を主演の中井貴一さんが熱演する本作品は、地上波で各話放送されるたびに、ネットが騒然となるほどの高評価!そこで、ここでは見逃してしまった人のために、ドラマ「記憶」の再放送情報や、見逃した場合の動画配信情報、さらに各話の見どころについてご紹介したいと思います!

ドラマ記憶を1話から全話無料視聴する方法はこちら!

原作韓国ドラマ記憶も見放題!

FODで今なら期間限定無料配信!




記憶 中井貴一 再放送情報

 

11月28日(水)までで、地上波での再放送が終了してしまったドラマ「記憶」ですが、実は、12月1日(土)に放送が始まるBSフジの4K放送・BSフジ4Kでも再放送されることが決まっています!

地上波で見終わった人からも「何度でも見たい」との声があがるほど、大評判のドラマ「記憶」。この機会をぜひ逃さないでくださいね!!

 

BSフジ/BSフジ4Kでの再放送

12月3日(月)~18日(火)      毎週月曜~金曜 午後6時~7時

 BSでの再放送が予定されていますが、見れない場合は以下の方法で視聴できます。

記憶中井貴一再放送見逃した場合の無料視聴方法

中井貴一さん主演の「記憶」は、現在、放送終了後から各話FODで期間限定無料配信しています。

放送後にFODで配信しています。

また、FODでは、本作「記憶」の原作である韓国版「記憶」も全話配信しています。

第1話から第16話は、FODプレミアムにて配信されています。

FODプレミアムは通常月額888円しますが、今なら初回1か月無料でお試しできます。

また、この「初めての無料おためし期間」内に解約すれば、FODプレミアムの月額コース利用料金は発生しないので、実質無料で視聴することが可能です。

 

FOD無料お試し登録方法は簡単!

FODを初回無料でお試しするには無料トライアルの登録が必要です。

Amazonは皆さん利用していると思いますが、Amazonアカウントで登録できてしまうんです!!

FOD無料お試し登録方法!

 

1か月まずは無料でお試し!FOD

さらに!!

他の話題のドラマも見放題なんです!!

無料お試し期間中に解約すれば0円で見放題できてしまいます!

「僕らは奇跡でできている」、織田裕二さん鈴木保奈美さんの「suits」、「東京ラブストーリー」、「恋仲」「コードブルー」「グッドドクター」「絶対零度」などなど紹介しきれないほどのドラマが見放題!

1か月まずは無料でお試し!FOD

フジテレビオンデマンドの特徴は?

フジのドラマほとんど見放題!

フジテレビオンデマンドの特徴はプレミアム対象作品がたった月額888円で見放題できる点。

「絶対零度」「グッドドクター」「モンテクリスト伯」などフジドラマのほとんどが見放題対象となってます。

出演者のドラマも見放題!

中井貴一や松下由樹さんのドラマも見放題!!!

新映画もポイントで実質無料!

さらに毎月1200ポイント+ログインボーナス100ポイントで合計1300ポイントもらえます。

このポイントは有料作品に使用できます。つまり新作の映画などです!

1作品400ポイントから500ポイントなので2から3作品をポイントを使えば実質無料で見れます。

しかも!無料お試し期間ももらえます!!

1か月まずは無料でお試し!FOD

漫画も読める!

漫画も読めるFOD。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

だいたい2冊分は無料で読めてしまいます!

 

1か月まずは無料でお試し!FOD

雑誌も読み放題!

雑誌も読み放題なんです。月額888円でこれだけの雑誌も読み放題ってヤバくないですか。

『MORE』『CanCan』『BAILA』『nonno』『Oggi』『Domani』『Precious』『CLASSY』『美的』などが読み放題!

雑誌1冊でも600円から800円くらいしますよね。以前は買ってましたが、FODで読み放題できるので最近は買ってません。

スマホで簡単に読めるし、通勤途中でも楽しめますよ。

正直1か月でもこれだけの雑誌読み切れないですが・・・

毎月888円払ってもこれだけの雑誌が読み放題なら元取れちゃいます。

こちらも無料お試し期間は無料で読み放題。

1か月まずは無料でお試し!FOD

解約も簡単!

FOD無料お試し解約方法!

解約ですが1分もかかりません。

簡単にできるので無料期間でやめたい方はこの方法でサクッとできます。

解約しやすいのもユーザーとしては大事ですよね。

よければ続ければいいし、あくまで無料で終わらせたいなら解約すればいいし。

ただかなりのドラマ・映画が見放題対象なんでやめられません。笑

新作も毎月もらえるポイントで無料で見れます。

 

1か月まずは無料でお試し!FOD

記憶 中井貴一 ドラマ1話見どころは?

 

敏腕弁護士・本庄英久の仕事ぶり

中井貴一さん演じる、本作の主人公・本庄英久は、勝つためなら手段を選ばない、やや強引でありながら、しかしその勝率は所長の片桐も認める敏腕弁護士です。

英久自身も、自分の仕事に自身と自負を持って日々を過ごしています。

そんな英久も、物忘れや、不注意が多くなってきたことを自覚しながらも、あまり気に留めずにいました。

しかし、この小さな変化が、彼の今後を大きく変化させる予兆だったのです。

 

中井貴一さん、渾身の演技

主演の中井貴一さんは、この「記憶」への出演オファーを何度も断り続けていたそうです。

スケジュールの問題もあったそうですが、それ以上に「生半可な気持ちで携わってはいけないドラマだなと思った」とのこと。

俳優人生37年をこえる大ベテランの中井貴一さんでも、アルツハイマーを発症し、覚えていたいことを忘れ、忘れたいことを忘れられない本庄英久という役の難しさは考えるところが多くあったようです。

そんな中井貴一さんの、覚悟と魂がこもった本庄英久は、本ドラマ一番の見どころです。

 

韓国版出演のイ・ソンミンさんが共演?!

本作は韓国の大ヒットドラマをリメイクしたものですが、実は日本版の本作にオリジナル版の主演イ・ソンミンさんが出演しています。

イ・ソンミンさの登場シーンは、英久が1人飲み直しに立ち寄るおでんの屋台。

そこで英久の隣に座る客が、イ・ソンミンさんご本人なのです。

さらに第2話以降にも出演し、日本語のセリフにも挑戦されています!

 

記憶 中井貴一 ドラマ2話見どころは?

 

医師・真山の自殺

アルツハイマーを患い、その秘密のために医療ミスを他言しないように仕向けられた医師の真山は、自殺をしてしまいます。

同じ病気の疑いがある英久(中井貴一)もショックが隠せません。

そして、真山が残した言葉が、最後まで英久の中で繰り返されるようになるのです。

 

姿なき真犯人

英久の元妻・佳奈子(松下由樹)が、息子の事故現場に手向けるために、息子が好きだった黄色のチューリップの花束をもって現場にいくと、先に花束が供えられていました。

事故後15年が経ち、いまさらに供えられた花束に、佳奈子は犯人が供えたものだと直感します。

このことを機に、佳奈子は真犯人捜しを始めることになるのです。

 

英久を蝕む病魔

額にケガを負った際、念のためにとったCTから、アルツハイマーが疑われ、2次検査を進める友人で医師の沢島を訪れた英久。

沢島は会話をしながら、英久のアルツハイマーの検査を行います。

そして、次回は妻の遥香(優香)と一緒にくるようにいう沢島に、家族に言えないと英久はいいます。

沢島は、早くに分かったことは運がいい、早く治療を開始すべきだといいます。

一度委縮してしまった脳は元に戻らないという沢島の言葉を、第2話の英久はまだ現実のものと受け入れることができないでいるのです。

 

記憶中井貴一ドラマ3話見どころは?

 

動き出すひき逃げ犯捜し

佳奈子は、事故現場に置かれるようになった花束のラッピングから犯人を辿ろうと思いつきます。

そして、大学院生の直人と共に、本格的に犯人捜しを始めるのです。

直人と共に動き始めると、一時、犯人が姿を現さなくなります。

その理由は後に分かりますが、第3話ではその布石が打たれているのです。

 

息子・和也がいじめに

仕事優先の父・英久、母の遥香も和也があまり話さなくなったのは、思春期特有の反抗だと、心配しながらもあまり深く追求せずにいました。

しかし、息子・和也は実は学校でいじめにあっていたのです。

万引きを強要されたり、階段から落ちた学友を突飛ばしたことにされたりと、徐々に学校での立場を悪くしていきます。

家族に本当のことを言えない息子・和也、心配しながらも息子を信じていいのか迷う母、自分のことで精一杯の父。

すれ違う家族が今後どうなっていくのか、目が離せません。

 

病状が現れ始める英久

久しぶりに家族と食事をする約束をした英久は、レストランに向かう道で自分の居場所が分からなくなってしまいます。

携帯電話も車の中に置いてきてしまい、しばらく途方にくれる英久。

ポケットにあった駐車券から、ようやく駐車場に止めた車まで戻ることができ、家族の待つレストランにようやく辿り着くことができました。

突然、何もわからなくなってしまう英久。

徐々にその姿を現し始めた病状に、見ているこちらにも緊張が走ります。

 

 記憶 中井貴一 ドラマ4話見どころは?

 

英久が見る夢の謎

少しずつアルツハイマーの症状が出始めた英久が、よく見るようになった夢が第4話の冒頭に描かれます。

黄色い風船を取ろうとし、次の瞬間、おまえは俺がやったと思っているんだろう!!とピエロに冤罪を叫ばれる夢。

ですが、英久は記憶を辿ることができません。

この夢は、後に英久が弁護士人生最後の仕事とする、ある事件と関わりがあります。

この夢を見てから、英久は、二宮と安達に、過去にピエロが関わった免罪事件がなかったか調べるようにいいます。

そして、少しずつ真実に近づいていくのです。

 

依頼を拒絶する英久

どんな依頼も断らない英久でしたが、第4話では初めて英久が依頼を断ります。

しかも、顧問をしている桜庭記念病院からの依頼を、です。

それは、次男の智弘がひき逃げをしたのをもみ消す依頼でした。

交通事故、しかも、ひき逃げで自身の息子・亮介を失った経験のある英久は、交通事故の示談依頼だけは受けないと決めていたのです。

それは、勝つためには手段を選ばない英久が、唯一譲れない亮介の親としての正義であり信念だったのです。

 

現妻・元妻、初めての対面

ある日、元妻・佳奈子が帰宅すると、息子・亮介の部屋で酔っぱらった英久が寝ていました。

まだ英久の病気を知らない佳奈子は、英久の行動に呆れ果てます。

そして、英久の携帯から、現妻・遥香に迎えにくるように電話をします。

一方、連絡を受けた遥香もまた、元妻のもとにいる英久の行動に驚きながらも、その仲を疑います。

佳奈子に、想像している関係ではないと言われながら、面白くない遥香。

現妻・元妻の想いと視線が交錯するシーンは見どころです。

 

記憶 中井貴一 ドラマ5話見どころは?

 

英久の病気に気づく元妻・佳奈子

酔っぱらって佳奈子の部屋で寝ていた英久は、佳奈子の部屋に鞄を忘れていきます。

その鞄に気づいた佳奈子は、しぶしぶながら英久の自宅に届けますが、その途中、車のシートに乗せた鞄が落ち、中に入っていた薬に気が付きます。

その薬から、英久がアルツハイマーであることを知ってしまった佳奈子。

最近の英久の行動から、思い当たることが浮かぶ佳奈子は、英久のことが心配になります。

心配しながらも、直接的にサポートはできないジレンマを、佳奈子は感じることになっていくのです。

 

息子を守る親の姿

いじめを受けていた息子・和也が、学友を突飛ばしたとの濡れ衣を着せられ、緊急保護者会にかけられることになってしまいます。

和也の友達・御厨の告白もあり、和也の無実を知った英久。

緊急保護者会の席でも英久は、和也を信じると話し、決して謝罪することはありませんでした。

そして、それ以上なにも言わず、退学を受け入れようとしたところ、生徒の御厨が本当のことを言うことで和也の無罪は晴れたのです。

組織の力に流されることなく、凛として自身の息子・和也の無実を信じると主張した英久の姿に、和也は嬉しそうに「今日のことは一生忘れないと思う」と話します。

親の姿の在り方、子供を信じる大切さ、色々なことを教えてくれる名シーンです。

 

ひき逃げ犯の正体

事故現場に花束を供えるなど15年の時を経て動き出した、ひき逃げ犯。

その真犯人の正体が、第5話の、ある会話で分かります。

それは、弁護士事務所長の片桐と、その息子・直人との会話です。

「どうして余計なことをするんだ。二度と現場に近づくな」と、直人に強く話す片桐の姿。

今後の直人と片桐の動きが気になる余韻を残して、第5話は締めくくられます。

 

記憶 中井貴一 ドラマ6話見どころは?

 

御厨という男

いじめを証言した、和也の友人・御厨匠。

「御厨」という名前が気になった英久は、15年前、冤罪を主張する男の弁護を引き受けていたことがあり、その男の名前が御厨だったことを思い出します。

当時の英久は、御厨を信じず、早く罪を認めて、刑期を短くすべきと突き放しました。

気になった英久は、しばらくぶりに御厨航平に面会行きます。

御厨は、英久のことを一度も忘れたことはない、と。

そして、「まだ俺がやったと思っていますか」と御厨は英久に聞きます。

15年前の真実が、再び動き出す瞬間です。

 

すれ違う英久と遥香

英久は、亮介をひき逃げした真犯人を負う佳奈子を手伝い始めますが、遥香にはそのことを黙っていました。

遥香とコンサートに行こうと約束していた日も、犯人に辿り着けるかもと佳奈子に呼び出された英久は、遥香との約束をドタキャンしてしまいます。

しかし運悪く、遥香は佳奈子と一緒にいる英久の姿を目撃してしまいます。

不信感を募らせる遥香。

遥香を気遣い、あまり多くを語らない英久と、英久を信じたいと思いながら不信感が募る遥香がすれ違う姿は、ハラハラ・ドキドキです。

 

妻・遥香の思い

佳奈子と英久の関係に不信感を募らせた遥香は、佳奈子を呼び出し直接確認することにします。

そこで、佳奈子は、亮介をひき逃げした犯人を捜す手伝いをしてもらっていることを話し、謝罪します。

遥香の疑いは晴れますが、最近の英久の行動が気にならないか聞く遥香に佳奈子はうまく答えられません。

遥香もまた佳奈子の様子から英久に何かあると感じ、ついに英久が使い損じた薬を見つけ、英久がアルツハイマーであることを知ってしまうのです。

沢島の元を訪れた遥香は、そこで英久の病気を確認します。

帰宅した遥香が、英久を思い、英久の辛さ、様々なことを感じ1人泣き崩れる様子は、心が痛むシーンです。

 

記憶 中井貴一 ドラマ7話見どころは?

 

刑事・三上との因縁の再会

英久の父・省吾が殺人容疑で逮捕されたと連絡が入ります。

母に苦労を掛けてばかりの父を憎んでいた英久ですが、殺人を犯すような人間ではないと、弁護を引き受けることにします。

警察に出向いた英久が、担当刑事としてであったのは、かつて息子・亮介の事故捜査を打ち切った三上という刑事でした。

奇遇な再会にお互いけん制し合う二人。

この刑事・三上は、英久が今後取り組む最後の仕事のキーパーソンとなり、目が離せません。

 

母と妻の想い

英久の母・時枝が英久の家を訪ねてきて、遥香に近頃、英久の様子がおかしいと言います。

遥香は時枝に、英久がアルツハイマーにかかっていることを話します。

時枝は、ショックを受けながらも、自分の子供である英久の面倒は自分が見る、遥香は若いから、英久に来る時がきたら、自分の人生歩むように示唆します。

そんな時枝に、遥香は、自分は英久の妻だから、と自分が面倒を見ると宣言します。

英久のことはもちろん、遥香の人生を思う時枝の想い、時枝の想いを受けながら、英久との人生を全うする覚悟を決める遥香。

時枝と遥香は、慰め会うように抱き合って泣き崩れるシーンは、見ているこちらの涙も止まりません。

 

動き出す大きな黒い影

突如現れた、雑誌記者・門脇から、桜庭記念病院に三上が出入りしていることを知った英久。

 見つけたはずの防犯カメラの映像もハッキングされるなど、亮介のひき逃げ犯の手がかりを失ったと気を落とす佳奈子に、英久は三上が病院に出入りしていること、三上には収賄のウワサがあることなどを話します。

そして、亮介の事故の捜査を打ち切ったのは、金品を受け取った見返りかもしれない、と推測する英久と佳奈子。

真犯人は、警察や大病院に顔が利く人物が犯人なのかもしれないと、思い始めるのです。

少しずつ真犯人に近づく英久と佳奈子ですが、行く手を阻止する黒い影は、今後その勢力をますます強めてくるのです。

 

記憶 中井貴一 ドラマ8話見どころは?

 

アルツハイマーを告白する英久

これまで、アルツハイマーを悟られまいとしていた英久でしたが、病状の進行により、周囲も気づき始めます。

第8話では、ついに英久から、妻・遥香に、そして一緒に仕事をする仲間であるアソシエイトの二宮、事務員の足立に自身の病気を告白します。

妻・遥香は、ようやく英久の口から話してもらえたことで、英久にも支える決心を告げることができました。

一方、職場の二宮、足立も、薄々気が付いていましたが、英久の口から改めて聞かされると、ショックが隠しきれません。

それでも、皆、英久を懸命に支えようとする姿は、心打たれるものがあります。

 

父と母を気遣う息子・和也

妻・遥香に、アルツハイマーであること、そして幸せにしてやるといったのに約束を破ってばかりだという英久。

英久に、そばに居られるのが幸せと伝える遥香。そんな二人の会話を、息子・和也が部屋の外で聞いていました。

そして和也もまた、最近の父の様子がおかしいことに合点がいくのです。

それから和也は、父・英久はもちろん、母・遥香のことも気遣います。

健気な和也の様子に、涙が誘われます。

 

進行する英久の病状

これまで周囲にもひた隠しにしてきた英久のアルツハイマーですが、周囲に気づかれるほど進行してきてしまいます。

まるでスイッチがあるかのように、突然訪れるアルツハイマーの症状。

第8話では、家族で行った遊園地で症状が出てしまいます。

ソフトクリームを買うために家族と離れた英久は、自分の居場所が分からなくなってしまいます。

手に持ったソフトクリームが溶けてもなお、立ち尽くす英久の姿には心を締め付けられるようです。

 

記憶 中井貴一 ドラマ9話見どころは?

 

息子和也の想い

徐々にアルツハイマーの症状があらわになる英久の眠る横で、涙がこらえられなくなってしまった遥香。

そんな遥香に和也は、「母さん、お父さんは、大丈夫だよ。僕もいるよ。」というのです。

まだ中学生ながら、アルツハイマーの夫を支え、家族を支えようと1人奮闘する母を気遣い、力になると話す息子・和也のこの言葉は、本作一番泣けるセリフと言っても過言ではありません。

 

孝行の隠された過去

DVが原因で、妻から離婚したいと言われた、桜庭記念病院・副院長の孝行。

孝行は妻を二人きりになった密室で、「頭がぐちゃぐちゃになった死体を見たことがあるか?」と妻を追い込みます。

その話を、隠していたボイスレコーダーで録音していた英久は、孝行が本当に人を殺したことがあるのかも、と疑います。

そして、英久自身も、逆上した孝行に、ホッケースティックで殴られそうになったところを、弟の智弘が寸でのところで間に入り免れます。

その折に、智弘が放った言葉「もうあんな思いはこりごりだ」の意味。

気になって目が離せません。

 

名優・中井貴一さんの演技力

ネットでも大きな話題なのが、中井貴一さんの演技

話も重ね、第9話を数えると、いよいよ中井貴一さん演じる英久は、普段でも記憶をなくしたように呆ける時間がでてきます。

時に、自分の居場所が分からなくなる。時に、人の話が理解できなくなる。

バリバリと仕事をこなす英久と、症状が現れる英久を、中井貴一さんは渾身の想いで演じています。

名優・中井貴一さんの演技は、本作最大の見どころです。

 

記憶 中井貴一 ドラマ10話見どころは?

 

ひき逃げ犯人が自殺?

犯人を知っているとメールを送ってきた青年に会えずにいる英久の元に、刑事の三上から電話がはいります。

 ひき逃げ事故の犯人である荒井(金井勇太)が、自分が犯人だとの遺書を残して自殺し、発見されたというのです。

あまりにあっけない幕切れに、佳奈子は怒りを抑えきれません。

一方、英久は遺体に残る不自然なあざから、荒井の自殺を疑います。

荒井は本当に自殺だったのか、自殺でないとしたら、誰に殺されたのか・・・。

後ろにうごめく大きな黒い影が、少しずつ姿を現します。

 

亮介をひき逃げした真犯人を知る英久

荒井の自殺の真実を調べる英久らは、荒井が所長の片桐を訪ねてきたこと、所長とは15年前からの知り合いだったことを知ります。

一方、佳奈子は荒井が直人と同じ中学の同級生だったことを突き止め、片桐が隠したかったのは、直人の友人関係だったと英久に話します。

英久の中で、点であった様々な情報が線となり、ついに英久は直人(三浦貴大)がひき逃げした犯人と知ることに。

直人がひき逃げの真犯人だと知った英久は、人を払い、部屋にこもり、嗚咽を漏らしながら号泣します

信じていた直人や片桐に長年裏切られていた口惜しさの涙なのか、それとも、息子を奪った真犯人を見つけ出した安堵の涙なのか。

涙にくれる英久の姿は、非常に心が痛みます。

 

真犯人と対峙する英久

ひき逃げの真犯人が直人だと知った英久は、アメリカに旅立とうとしていた直人を呼び出します。

待ち合わせた店で、英久は直人に、今日は3杯だけ飲むと告げ、酒を飲み始めます。

一杯目は、無念の死を遂げた亮介のため。

二杯目は、無実の罪で死んでいった直人の友人、荒井一真への献杯。

そして三杯目は、真実を白日の下にさらす、その誓いだ、と。

三杯目を開けた英久は、直人を置いて店を出ていきます。

英久の覚悟が痛いほど伝わるこのシーンは必見です。

 

記憶 中井貴一 ドラマ11話見どころは?

 

英久、最後の仕事

直人がひき逃げの真犯人だと知った英久は、片桐のもとを訪れ、全てをかけて必ず片桐の罪を暴く、と戦線布告して片桐の事務所を去ります。

そして、片桐のことを調べ始めた英久らは、御厨の事件を管轄していた検事局に片桐が勤めていたことに気づきます。

御厨の事件、亮介の事故、どちらにも関係する英久と片桐の縁は偶然ではないと予感した英久は、冤罪を訴え続けている御厨にもう一度弁護をしたいと申し出ます。

最初は聞き入れなかった御厨でしたが、英久の病気であることや、最後の仕事として罪滅ぼしをさせて欲しいとの訴えに、弁護を依頼することにします。

いよいよ英久の最後の仕事、戦いが動き出します。

 

夫として、父として。英久の覚悟

片桐にアルツハイマーであることをネットで流されてしまった英久。

世間が騒ぎ、家族のもとにも報道陣が押し寄せます。

主治医であり、友人でもある医師の沢島に、夫として父親として乗り越えろと背中を押され、英久はテレビで自身の病気を告白します。

残された僅かな時間で、正義のため、家族のために最後の仕事を全うしようとする英久の覚悟が、英久が発する一言一言から感じられる名シーンです。

 

葬られた真実

第11話のサブタイトルでもある、葬られた真実。まさにこの11話最大のみどころです。

御厨の冤罪事件の真相が、回想シーンで暴かれます。

真犯人の孝行が、店主を襲うシーンは、かなりの衝撃度です。

孝行役・丸山智己さんの迫真の演技は、演技と分かっていても、ゾッとしてしまいます。